喫茶iMA(イマ)リノベーション|ビフォー・アフター店内6

喫茶IMA大阪生玉-使われていた古い箪笥

大阪谷町九丁目生玉(いくたま)にある喫茶iMA(イマ)は、古い民家を飲食店舗(喫茶店・カフェ)にリノベーションしたプロジェクトです。
リノベーション前の2階には古いタンスが残されていました。2階は、スタッフの休憩室となるため、タンスは廃棄しなければならなかったのですが、味のある古いタンスですので、店内の装飾として使う事になりました。
iMA_before_tansu08.jpg
iMA_before_tansu09.jpg
この2本のタンスの引出しの前板を使用することにしました。

iMA_after_tansu11.jpg
キッチンのカウンターの腰壁に取り付ける事にしました。残しておいたタンスの前板を並べて、レイアウトを検討します。本当に引出しとして使える様にしたかったのですが、厨房のレイアウト上、どうしても引出しの奥行きを確保することができませんでした。

iMA_after_tansu12.jpg
このレイアウトに決定しました。

ima_after_tansu13.jpg
完成した状態です。右上の小窓は、民家の時のものをそのまま残したものです。タンスの風合いはこれらの古い素材と、とても合い、空間デザインをまとめてくれました。
喫茶iMA(イマ)のその他の写真は、「WORKS」の「iMA」でご覧いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。