OLYMPUS PENその3

昨日出したプリントが上がってきました。
結果は、問題なく撮影出来ていました。30年以上ほったらかしでもきちんと使えました。
すごいですね。機械式だからこそなんでしょう。今、1年もすれば旧型になってしまうデジタルカメラはどうでしょう。バッテリーなどの消耗品の問題もあり、5年ほったらかしたらダメではないでしょうか。そのような物理的な問題は別として、5年後使いたいプロダクトかという点が一番大事なところです。デザイナーとして本当に考えさせられます。
ともかく、きちんと動くので、修理に出す事にしました。とりあえずメーカーであるオリンパスに行ってみます。もちろんパーツは無いでしょうが、修理自体を受け付けてくれるでしょうか?
撮影した写真をご覧になりたい方は、下をクリックしてください。
PENでどん写真が撮れるのかの参考程度です。写真としてはひどいですが、ご勘弁ください。
只今のBGM “U・T” BGM/Yellow Magic Orchestra


PENで、事務所のある中之島界隈をスケッチ(撮影)しました。
こんな感じに撮れました。
画質・発色に関しては、極力オリジナルプリントに近づけるため、色調整だけに留めています。
naka01.jpg
フェスティバルホール
小さいときから見慣れたこの壁のレリーフもあと数年で無くなってします。残念です。
通常のプリントに比べると、ハーフのため粒子感があります。
naka02.jpg
淀屋橋
露出の設定が悪く、空の色がとんでしまいましたが、石の質感は良くでています。
naka03.jpg
朝日新聞ビル
無限で撮ったのですが、ちょっとピントが甘いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。