「ゴーテボーグ HOOP」進行中 その1

「デニムとレザー」という不変のテーマを基に、スウェーデンのNudie JeansやイタリアのFranklin & Marshallなど今が買いのインポートを12ブランド展開するセレクトショップ「ゴーテボーグ」が9月15日のオープンに向けて、現場が進んでいます。
gote01.jpg
前回現場でレンガタイルとモルタルの壁の取り合いラインを指示しましたので、そのチェックをしました。
今回のコンセプトは、「古い倉庫を転用してブティックにした」というストーリーで空間をまとめています。ですので壁は、モルタルの仕上げが剥げ落ち、壁として積んでいたレンガが見えている状態に見せたいのです。
gote02.jpg
店内にある躯体の丸柱も古い柱に見せる為、エイジング処理を行います。
これは、仕上げで「絵」を描くように古く汚れたようにしたり、錆が浮いているようにしたりすることをいいます。
今回は、鉄の丸柱が錆びたように仕上げてもらいます。
本来でしたら、鉄を本当に錆させてもいいのですが、ブティックですので商品への汚れやお客様への対応などもありますので、エイジングを選択しました。
gote03.jpg
こちらが錆び仕上げのサンプル。どうでしょうか?かなりリアルです。
どのようなタッチで、どれくらい処理をするかを職人さんと打ち合わせしました。
只今のBGM “THE END OF ASIA” 坂本龍一の音楽〜early best songs/坂本龍一

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。