La Becasse

店舗デザイン設計事例-La-Becasse(ラ・ベカス)大阪淀屋橋-店内写真

店舗名 :ラ・ベカス
担当業務 :店舗デザイン・設計監理
店舗内装デザイン :東潤一郎(JA laboratory)
カテゴリー :飲食店・フレンチレストラン
オープン :2014年10月4日
面積 :90㎡
住所 :大阪市中央区平野町3-3-9湯木ビル1F
電話 :06-4707-0070

協力
ライティングプラン :伊藤賢二(MAXRAY

施工:スタジオサラサ

撮影:増田好郎

クライアント:プラド渋谷

商店建築 掲載
BAMBOO MEDIA 掲載

オフィスビルの廊下の行き止まりのファサード。八角形のシンボルのついた壁に入口扉が隠されています。
入口扉を開けると白いアプローチ空間が続きます。
両側の白い壁は、艶のラインのストライプ仕上げ。壁は平行ではなく奥に向かって狭まっていて、視覚的に長い廊下の様に見せています。
壁全面は、客様のクロークなど収納となっています。
アプローチ正面の壁に、アイレベルでスリットが切られ、ホールを少しだけ見せています。
八角形の客席ホール全景。
床の大理石の貼り分けパターン、天井の段差、照明の内蔵された吊りボーダー、飾り台は中心性を強調し、空間が八角形であることを認識しやすくしています。
床からのアッパーライトで浮かび上がる壁は、本革のパネルで覆われています。
壁のマットなレザーパネルの中に、ミラーのボーダーを回し、空間に艶感や煌めきを与えています。
椅子はラ・ベカス専用のオリジナルデザイン。
ホールの八角形を強調する様に、八角形の照明ボーダーを吊り、天井も八角形の細かい段差を付けています。
右の白い箱は、トイレ前室の入口。出入りを見せないことと、音漏れへの配慮から、トイレ廊下入口にはすりガラスの自動ドアを設置しています。
ベージュのレザーの空間に開けられた、白いアプローチにつながる開口。
天井の八角形の段差のディテール。立ち上がり面をメタリック仕上げとし、シャープさを強調しています。
レストランの入居するオフィスビル1階のエントランス脇のサイン。外部に対してはこのサインひとつだけです。

シェフ渋谷圭紀氏のグランメゾン「La Beccase(ラ・ベカス)」が、12席のレストランとして移転オープンしました。古来よりヨーロッパやアジアで「無限大」「宇宙全体」「繁栄」の象徴として使われて来た八角形。これをメーンモチーフとしてデザインをまとめました。今回の区画は、ビル1階でありながら店舗は奥まっており、見つけにくい場所にあります。長い通路を歩き突き当たりに現れるショップファサードは、エントランス扉を隠し、バックライトの八角形とサインだけの壁面の様に見せています。立地の悪さを「驚き」と「優越感」を感じさせる状況に変換しています。

扉を開けると白一色の細いアプローチでレセプションに導きます。レセプションからホールに入ると、八角形のベージュの空間が広がります。スクエアな区画の中に八角形を挿入すると、周りに隙間が生まれますが、この隙間に、ワインセラーやWCをレイアウトすることで空間を有効活用しています。利用するお客様にはそのレイアウトに意外性を感じて頂けることでしょう。さらに、堀上天井・光のボーダー・ホール中央のディスプレイ台など、八角形に拘ってデザインしました。オリジナルデザインのイス・ベージュの本革をパネル貼りした壁、とエントランス~入店~アプローチ~ホール~イスに着座まで、シェフの料理同様に、隅々までこだわりと驚きを感じて頂ける空間として仕上げました。

<Back to INDEX

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。