「サンタキアラ」アップ致しました

イタリアンレストラン「サンタキアラ」のPhotoを「WORKS」にアップ致しました。1997年のプロジェクトで、随分前のものになります。
区画は間口が狭く、奥行きが深い、まさに「うなぎの寝床」でテーブルと通路で精一杯の寸法でした。席に着くときも、トイレに行くときも、レジを済ませる時も必ずその通路を通らなければなりませんでしたので、逆に「通路を移動する時に驚き」のあるデザインをと考えました。店名の由来がイタリアの教会でしたので、「ろうそくの灯」をモチーフとし、ろうそくの灯の独特の「ゆらめき」を歩く時の「目線の移動」により感じさせる効果を壁面に持たせました。実際には、石風吹付の壁面に「キラキラする素材」を混ぜました。これにより、ろうそくランプの光を受け壁の素材がキラキラひかり、移動と共にキラキラが動きますので、「ゆらめいている」ように感じさせました。
これは静止画では上手く捕らえられない効果ですが、フォトグラファーの佐藤さんは、きらめきの動きを感じさせるショットを撮ってくださいました。
グラフィックデザインは「love the life」さんで、実際の教会のシルエットを生かしたとても印象的なロゴデザインです。また、彼らからメニューブックの表紙にそのロゴマークを「焼印」で入れたいとの提案を頂き、逆にその焼印をエントランスのサインに使用させていただきました。
予算的には大変厳しかったのですが、クライアントの長壁さん、love the lifeさん、私と知恵を絞って創り上げた大変思い出深いプロジェクトです。
「Santa Chiara」(サンタキアラ)
大阪市旭区高殿7-18-11(現在は閉店しております)
施工:未来デザイン
協力
グラフィック:love the life
照明計画:マックスレイ 甲斐淳一

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。