「ヴィノテカ・ポルトガリア中之島ダイビル」その4

2011年10月1日、現場チェックに向かいました。
今日のメインの目的は、壁の色決めです。今回、壁はほとんどそのまま使用します。
ので、ポルトガルらしい「ラテンな」色使いで、イメージを大きく変える計画です。
唯一壁を大きく変更した箇所は「ファサード」です。クローズだったイメージから、開放的に見せる為、大きなガラスサッシに変更しました。

pod06.jpg
左:ファサードの壁におおきな開口のサッシが入りました。右:既存のカウンター上の間接照明のボーダーには木製の飾りを付け、ポルトガリアらしくアレンジしました。

肝心の壁の色決めです。
図面で、事前に使う色と範囲を決めていて、現場を見て確認とおもっていたのですが、、、現場でほとんど変更してしまいました。
無理を言って、色も1色変更してしまいました。
塗装屋さん、無理を聞いて下さって、ありがとうございます!でも、これで大丈夫!のはずです。
工程の都合、今から塗装を始めるので、明日には塗り終わっているそうです。
明日も確認です。

pod07.jpg
左:西山さんの絵地図の描かれる壁です。地図の下塗りが完了していました。右:壁の色を少し塗ってもらって、各箇所、検討しました。

只今のBGM “Recorda Me” Page One / Joe Henderson

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です