「ピエドラ」進行中その15

現場に墨が打ち終わったと施工の岩見創工さんから連絡がありましたので、2011年10月24日、チェックに行きました。
pied21.jpg
現場のコンクリートの床に打たれた墨のライン。


ハイテクが進んだ今も、図面の寸法を現場に落とし込むのは、墨壷を使います。シンプルで合理的で完成度の高い道具です。日本人の知恵には驚かされます。
現場の墨位置を確認しまして、通路や厨房範囲に問題がないか確認していきます。墨位置は図面とほぼ違いがないようで、安心しました。そのまま、現場で詳細の打ち合せとなりました。
pied22.jpg
只今のBGM “Serrado” Blue Note Trip 5:Scramble Mashed / Djavan

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。