「マンションWCリニューアル」進行中その8

マンション「パレロワイヤル順慶町」のオフィス棟共用トイレの工事は完了しました。
最後に、ビフォーアフターを。
pare28.jpg
トイレ入口扉
pare29.jpg
女子トイレ インテリア
pare30.jpg
男子トイレ インテリア
左が改装前・右が改装後です。デザインの違いもですが、特にライティングの考え方の違いを見て頂ければと思います。
改装前は、ベース照明はアクリルカバー付き蛍光灯の拡散光とし、更にミラー前の顔用にミラー上にこちらもアクリルカバー付きの蛍光灯を付けています。
改装後は、間接照明の拡散光をベース照明とし、ミラー前の顔用にはペンダントを吊るし、顔に影のできない様に配慮しています。
改装前のプランは「全体の明るさの確保」を目的としていますが、改装後のプランはデザインコンセプトに基づいた「落ち着いた雰囲気を重視しながら、必要な場所に必要な分の光を置く」考え方です。
目に見えない「雰囲気」を創るのは、空間に使われる仕上げ素材以上に、照明の「色温度」が重要な要素となります。改装前は、5000K以上の青白い光で満たされています。改装後は、2500Kの色温度の低い光を間接光にし、空間に拡散させています。2500Kは、白熱電球の光とほぼ同じで、温かみを感じさせる光です。間接光とペンダントの温かい光が、「落ち着き」を感じさせています。
このトイレは20年以上使われていました。この時間の隔たりの間に照明=「あかり」に対する考え方や扱い方が大きく変わったのが見て分かるのではないでしょうか。
このライティングプランは、マックスレイのプランナー猪原さんの協力を得ています。
猪原さん、ありがとうございました。
只今のBGM “See” See & Standing(Reprise)-EP / Eric Lau

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。