コンツェルト梅田その1

はじまり
2004年7月
私の古巣のジオ・アカマツのリーシング担当の方から、大阪梅田のコムサストア7階を、カフェコムサを核とし、スイーツショップを集積した「スイーツミュージアム」に改装する計画が進んでおり、テナントを探していると聞きました。
そこで、以前から交流のあった狭山の有名店「コンツェルト」のパティシエ宮本さんに、この計画をご紹介しました。
そんなきっかけから、このプロジェクトはスタートしました。
そして、出店が決まり、区画の図面を内装監理室から頂いて、びっくり。
区画内に避難経路が横断しています。
避難経路は、災害時に安全に避難する為の通路です。
有効通路幅も決まっていまして、もちろんその通路に避難の妨げになるものは設置できません。
kou01.jpg
区画の図面
赤斜線部分が、問題の避難経路です。
これは、プラン上、大変大きな制約です。
しかし宮本さんは、この区画を、その条件を理解した上で、エレベータ・エスカレータに一番近いという好立地に魅力を感じ選ばれました。
さあ、プラン開始です。
コンツェルト コムサストア梅田」は、2008年5月グラフィック社より発行されました「スイーツショップ・インテリア&グラフィックス」に掲載されています。

2件のコメント

  1. えぇー!遭遇したこと無い区画です。
    デメリット?をどう調理されるのか楽しみです。
    オーナーさんも位置的に魅力な区画とはいえ、
    その問題ありな区画でもそこを選んだのは
    東さんに信頼を寄せてるからなんでしょうね。
    この人ならなんとかしてくれるっていう。
    頑張ってください。

  2. >suzuさん
    コメントありがとうございます!
    私の書き方が悪かったのですが、このお話は、回想なんです。
    (記事に日付を追記致しました。)
    ですので、時系列にどのように解決したのかを書かせて頂きます。
    楽しみにしてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。