関西デザイン学生シンポジウム2012が開催されます

今年も、JID/JIDA/JCD3団体共催の関西デザイン学生シンポジウムが開催されます。今回も、コメンテーターとして、参加させて頂くことになりました。
今回のテーマは、「超 ちょう・こえる」です。
お時間がございましたら、是非、ご参加ください。デザインを学ばれている方は、学生は無料ですので、是非!参加してください。勉強になると思います。
20121012s_symp_top.jpg
以下、パンフレットより
東日本大震災から、1年半を迎えます。人々は復興・再生に向かって動きだしていますが、がれき処理など問題は山積しており、なかなか前に進んでいないのが現状です。一方、政局も消費税や原発問題などで混迷しています。また一般人が突如被害に遭う事故や事件も多発している昨今、私たちは何を考え向き合うべきかを考えなければいけません。
前回もデザインに何ができるのかを考えてきましたが、今回もこの様々な現状を見て、デザインの使命は何か、デザインで何ができるのかを考えてみたいと思います。そこで今回のテーマは「超(ちょう、こえる)」。デザインの力を超発揮して超すごいムーブメントを興したい。人々に共感を得る超デザインとは?
デザインから発想した「超」とは?
このような視点から「超」をテーマに皆さんと共に考えたいと思います。
■テーマ:「超」ちょう・こえる
■日 時:2012年10月12日(金) 18:30~21:00(懇親会を含む)
      開場 18:00
■会 場:大光電機株式会社 ライティング・コア大阪
      大阪市中央区高麗橋3-2-7 ORIX高麗橋ビル1F
      地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅11番出口 徒歩2分
      地下鉄堺筋線 北浜駅6番出口 徒歩5分
●パネリスト参加学生
 JID
 上野則隆 / 岡崎祐樹 / 西藤和弘 / 中島杏奈 / 下村 智美
 大阪モード学園インテリアデザイン学科
 JCD
 村上和弘 / 中山 優 / 植地 惇 / 関谷大志朗
 関西大学 環境都市工学部 建築学科
 JIDA
 河井航路 / 金岡千賀子 池上郁也 / 橋本 啓 / 真鍋浩美
 滋賀県立大学        神戸芸術工科大学
●コメンテーター
 玉井恵理子 JID/株式会社タピエ代表取締役
 藤本英子  JIDA/京都芸術大学美術学部 デザイン科教授
 東潤一郎  JCD/JA laboratory代表
■参加費:学生無料、一般500円
(パネリスト参加学生へのデザイン活動支援金に充当)
■お申込み・お問合せ先:JID関西事業支部事務局 担当:吉田
TEL/FAX:06-6615-5105 E-mail
■主 催:JID/社団法人日本インテリアデザイナー協会関西事業支部 
      JIDA/公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会関西ブロック 
      JCD/社団法人日本商環境設計家協会関西支部 
■協 賛:大光電機株式会社
ファイルをダウンロード

1件のコメント

  1. 関係者の皆様、学生のパネラーの皆さん、ありがとうございました。シンポジウムの様子は、ブログでご報告させて頂きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。