「京都総合観光案内所」その7

2010年1月29日、施工を担当するウエタニさんから、京都総合観光案内所で使用する木材のサンプルが届きました。
ktic20.jpg
今回、京都府知事から「木などはできるだけ京都府産材を使用してほしい。」とご要望がありました。そこで、ウエタニさんから京都府森林組合連合会に連絡頂き、打ち合せの結果、杉の無垢材を使用することになりました。当初、京都議定書の事もあり、是非「間伐材」を使おうと思い、打ち合せを続けていたのですが、間伐材の性質上、什器やカウンター天板に使用するのは不向きという結果となりました。
理由は、大きくは以下の点でした。
1.材の含水率が30%と高く、加工後、そり、割れが生じる
 通常の家具材は、10から15%程度
2.材の大きさが小さい(細い)
 無垢材としても、家具には使用しにくい
これらの問題は十分予想していて、何とかクリア出来ないか検討を重ねたのですが、最終的に、一般什器などに使用可能な「杉の無垢材」を使用することに決まりました。わずかでも「地球の為に貢献出来る!」と思ったのですが、残念でした。
京都府森林組合連合会さまでも、間伐材は扱われています。河川・公園等の事業や、造園・園芸用としては使用は可能との事ですので、そのような工事がある際には、是非検討して頂ければと思います!
只今のBGM “The Girl From Ipanema” The Bossa Nova Best Selections

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。