「ポルトガリア」進行中その3

店舗デザイン設計事例-portugalia-ポルトガリア大阪淀屋橋-工事中-カウンターバック

ようやく手前のバーカウンター周りの造作が始まりました。オーナーのミラさんからは、「モダンにもデコラティブにもなりすぎないように」とリクエストがありましたので、全体にはざっくりした感覚を目指しています。
そんな事で、バーバックの造作も「構造合板」という下地や型枠などにつかうベニヤをさらにワイピング(金ブラシで木の表面を粗す)加工をし、「バターミルク塗装」で仕上げています。この塗装は開拓時代のアメリカ(ポルトガルではないのですが、、、)で開発された塗料だそうで、塗ってからサンドペーパーで擦ると、いい感じに木目が浮かんできます。使い込んだような風合いが欲しい時などによく使っています。
portugalia03.jpg

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。