「神戸フランツ さんちか」進行中その3

2011年6月25日、「神戸フランツ」さんちかの現場で、「モビール・スタイル100」の著者いろけんさんと打ち合せを行いました。いろけんさんは、モザイク店の時にも「イカリモビール」をお願いしたモビールアーチストです。
今回お願いしたのは、「あまり揺れないモビール」!?です。
モビールの定義から言いますと、全く否定するようなお題です。
さんちかのフランツの区画は、地上からの出入り口に近く、風が吹き抜けているとスタッフの方から伺いました。ですので、今回は、強い風が当たっても絡まないモビールをお願いしました。さて、いろけんさんがどんな解決策を見せてくださるのか楽しみです!
fr_snt03.jpg
早速、取り出されたのは、イカリマークを抜いた丸い鏡面に1本のワイヤーが付いたモビールです。これを天井に決まったピッチでひとつずつ取り付け、天井全体でゆらゆらを表現するものです。
ワイヤーは、バネ用のもので、丸いパーツは回転カンという回る部品で取り付けられています。モビールはゆらりゆらりと言うより、自由に回りながら、ビヨンビヨンと揺れる感じでしょうか。でも、今までの「モビール」の概念を壊すような切り口でとても面白いです。
fr_snt04.jpg
早速、天井の取り付け高さで、実際に確認してみました。ワイヤーの長さは3種類。波打つように取付けます。いろけんさんと一緒に、取り付けピッチや長さのパターンを決めました。
完成が楽しみですね!
只今のBGM “Life On Tek” Will Webb / Detroit Beyond The Third Wave

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。